-

カードを所有していると月ごとに加入カード会社から明細書が送付されます。これら明細書をとっておけばどの店舗でいつどの商品にクレカでどれだけ費やしたのかについての細かな内容が一覧表になっているため、これまでクレカを切った履歴を照会するにとても簡単で実用的でもあります。これだけで運用するにはある意味困難のではないかと思いますが、手軽な家計簿に類するものに仕上げることも楽しいし、金銭管理にも使えます。いま言ったクレジットカード利用代金明細の通知があってからおおむね半月後に請求金額の送金がなされます。ということは届いたクレカ利用明細書を注意していて疑問に思う支払い、一例として使ったこともない項目が明細に載っていたらコールセンターに連絡して確認すればよいということがほとんどです。偽造による乱用等のユーザー以外による利用が発見されたようであってもクレジットカードカードの名義者に問題がない限り大方の問題は加入カード会社がそのような不明な項目をあてがってくれます。今日ではこれらの利用代金明細をWEB上で確認できるクレジットカードが一般的になっています。いついくら払って利用したか確認しておく習慣にして第三者利用を未然に防止するのはもちろんのこと、カード利用の成績表の代わりとなり家計管理のようなことも一度に足りてしまいます(パソコン画面で利用履歴をリストアップOKなカードは以前の決済履歴やリボ払い適用の有無なども照会OK)。カードはカード利用そのもの以外意味でも大変有用なモノだと言えます。

Category

リンク