-

交通事故があった場合、あなたが自動車の事故の被害者であるにもかかわらず向こう側が過ちを全く受け入れないという事は数多くみられます。例として、意思と関係して起こしたかったのではなくちょっと気が抜けて車を追突したケースでこういう言い争いにうつってしまう状況がありがちです。とは言って、その場で自動車のみの損害処理され時間が経過して体の変調が現れた時に、行った病院の診断書類を警察に出すのでは対応が遅れるとなるのは仕方がなくなってしまいます。では自動車事故の過失割合の取り決めにはどんな風な認定基準があるのでしょうか。しっかりと申しますと警察署が決定するのは、自動車事故の大きな手落ちが認識されるのはどちらのドライバーかという事柄であって、過失の割合ではないのです。さらに言えば、最終的に明確にされた過失が認められた人が知らされるケースは全くありません。そんな訳で、過失の割合がどうなのかは本人たちのやり取りの結果に応じて明確にされ、この事が事故の賠償の算定の根拠になります。この時、当事者同士が車の任意保険に入っていない状況では、当事者同士がじかに協議します。しかしながら、当然の事ですがそういう協議では、理性的でない応報になるケースがあります。その上、互いの主張に隔たりがあれば下手をすると、裁判所に入りますが、それは多くの時間と裁判にかかるコスト膨大な無駄は避けられません。これにより多くの状況で各々の当人についている保険の会社、このそれぞれの自動車の保険の会社に相談を委ねるやり方を駆使して、適当な「過失割合」を丁寧に結論付けさせるのです。そういった場合には、自動車保険会社はそれまでの交通事故の裁判が行われ、出た判断から決められた認定基準、判断例等を元に推測と協議を交えて過失の割合を出します。と言っても事故の際には、遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかには関係なく真っ先に110番に連絡するのが大切です。その後自動車保険会社にやり取りをして、以後の交渉を委ねるのが順序となります。やり方さえ知っていれば両者の無意味な話し合いとなる事を回避できるに違いありません。

Category

リンク