-

予期せず、思いがけず起こってしまうのが乗用車の事故です。クレジットカード比較

この場面でどうやって判断する結果により車の保険料の支払額も相当大きく変わってくる場合も予測できますので判断と対応が求められます。

予期せぬ出来事に出会って平静さを失ってしまうと重大な対応を見逃してしまい後々自らがとても大きな損をする状況も考えられるので事故をした場面では正確に次に述べる行動を行います。

交通事故に遭遇した状況で最初にする事は負傷した人の状況を確認する必要があります。

乗用車の事故の後は頭の中が真白になってショック状態になってしまうケースがあり容易に行動を起こせないのが普通です。

その場合、負傷者がいた場合は危険が少ない地点に移動してからできる限りの手当を行って、周りに助けを呼ぶ等人命の優先に努める必要があります。

救急車に連絡する場合ははっきりと場所を知らせ、不明な場合には周りの分かり易い学校や交差点名を知らせて事故の現場の位置が分かってもらえるようにします。

次に警察へ知らせ、車の事故が発生したこと、そして現状を説明します。

救急車と警察が来るのを待っている時に相手側の情報をチェックします。

名前、住所、電話番号、免許証番号、車のナンバー相手の自動車保険会社などなど互いの内容を教えあいます。

事故の相手方に非があるような時にはその場で処理するケースが考えれますが現場でうやむやにするのではなくどんな風な時だとしても警察や保険会社に通報して、きちんと判断してもらう事が大切です。

関係者の内容を伝えたら交通の障害になることをやめるために妨げになる物道から取り去ります。

仮に被害が他人の交通の邪魔になっている場合にはお互いの情報を交換する前にその対応を行うことは問題はないはずです。

その次に自分自身の掛金を支払っている保険屋さんに電話を入れ、自動車事故が発生したことを報告します。

事故から特定の時間内に自動車保険の会社に連絡を入れないと自動車での事故の保険の適用除外となる事態も想定されるのですぐに電話を入れることが必要不可欠です。

さらに現場の形跡としてデジタルカメラや携帯等を使って事故の現場や自動車の破損の写真を写します。

これは過失がどのくらいあるのか決定するとても大きな役割となりますので、自分の車や先方の自動車の破損をきちんとカメラに残しておくことが大切です。

この際に目撃者がいるのであればおまわりさんや自動車保険会社が来るまで事故の現場に待機してもらうよう話しておくことも重要です。

Category

リンク