-

「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを上げる商取引です。

価格は常に変動しています。

それが為替市場です。

ラジオを聞いていると、為替レートのニュースが流れる場合があります。

よくあるのが「本のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表現しています。

言い換えると、買いと売りの2つの価格があります。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社もあったりします。

平常時には買値よりも売値のほうが小さくなるものです。

現実に買値は高く、売値は低くなるのです。

この差をスプレッドといい、取引会社の収益の1つになっています。

スプレッドの狭さは業者によって違います。

スプレッド幅は手数料になるので、低い取引会社をセレクトするほうが有利になります。

ただ、同じFX会社でも状況によってスプレッドの差は変わります。

仮定として通常はドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの狭さであってもマーケットの変動がとても激しい場面では1銭よりも広くなる事があります。

という事で、スプレッドが狭いのと共に、変化が小さいのが大切です。

今では決まったスプレッドを示す取引会社もいろいろあったりします。

リアルにFX取引会社の注文画面内で相場を確認しなければ評価できないので手間がかかりますが大切な事です。

大切な投資資金を預けてエントリーするわけですから売買の前に、興味を持ったFX取引会社の口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッドの幅を確認しましょう。

同じ通貨でも相場の状況によって通貨のスプレッド幅は変わることがあります。

おおむね、インターバンクマーケットで流動性の高いペアではスプレッドの幅が小さく残りの通貨ペアではスプレッドの差が広くなる傾向にあります。

Category

リンク