-

利用明細レシート保有義務はないのだろうか?正解をはじめに言うととっておくことは特段ないというのが答えです。

個々で保有していることにより自分が履歴を持っておきたいという際捨てなければいいのだし、もしそういった痕跡は無くてもよいと思うのであれば保管しておく必要性はない。

但し定期的に来る明細書との照合をする時においては絶対レシートが不可欠です。

明細をその時までは最低限所持していなければ、どの場所でいついくら使用したか?という内容が定かでなくなってしまうだけでなく、誤請求であったりダブりの照らし合わせすら不可能になってしまうため危ないです。

特段使った額については明細レシートを保存していないと記憶しておくことはできないはずです。

短くても使用明細書が送付されるひと月ふた月程度の期間は厳重に捨てないようにして欲しい。

カードの利用レシート処分の手段:クレジットカードのレシート廃棄手段は非常に単純なのです。

他の人に不正な利用をされないよう、できるだけ細かくちぎって廃棄するだけで問題ない。

小さな機械等が自宅で利用できる際には念には念を入れて利用しても良いでしょう。

なにせクレカの利用内容を証明する利用レシートであるのだから、クレカ番号など機密情報を知られる情報が非常に多く書かれています。

ただの利用レシートと思わず、処分は慎重に実施して欲しいです。

尚、最近では悪用防止のために利用レシートに番号などの機密情報が表記されない場合も出始めているが、過度な安心は禁物と思われます。

Category

リンク